100キロウォーカーになりたい

2017年1月からウォーキング始めました。

魚釣り

登山の翌日。6月18日(日)朝4時に起きて魚釣りへ。筋肉痛でバキバキです。 ^_^;


ここは、30数年前の子供だったくろよんが魚釣りを教えてもらった川。

昔はもっと水量も多く、護岸も今みたいに整備されてませんでした。
さて、釣り場に着いたら、釣りのエサ採集です。ウェーダーを履いて川の中に入ります。

見にくいけど、白く囲んだ黒っぽい石。こんな石の下がいいみたい。

その石をひっくり返すと、川虫が採れます。(矢印部分)エサ代がタダですみます。^m^

虫が苦手な方すみません。^_^; 
川虫はすぐに弱って死んでしまうので、大体20匹も捕まえれば充分です。
無くなれば、また採ればいいので。

そして、採った川虫で釣るお目当ての魚は「オイカワ」
くろよんが住んでる地域ではハヤと呼んだりします。一匹目。

三匹まとめて。持って帰って食べるわけでは無いので撮影後すぐに逃がします。

最後に本日最大。雄だと思うけど、まだ婚姻色になってない。

約1時間で合計5匹。婚姻色の雄が釣りたかったんですが、この日は釣れませんでした。
子供の頃、婚姻色がとても鮮やかな雄が釣れると大はしゃぎで、おじさんになった今でも
忘れられずに、時々釣りに行くのです。

 さて、くろよんが住んでる九州北部も、梅雨入りしてからやっと少し雨が降りました。
田んぼにも水が入り、さっそくカエルの大合唱が始まってます。
 そして、今週末は雨予報。残念だけど、梅雨だから雨降らないとね。
これは、雨の日のトレーニング方法考えないと。


最後まで読んで下さりありがとうございます。



宝満山(ほうまんざん)登ってきました。その3

頂上にて

たくさんの登山者の方々

お参り

気を付けて撮影

気持ちいい。筑後平野方面。

福岡市内方面

今回お世話になった先輩。宝満山は何度も登ってるベテラン。(下山に備え柔軟体操中)

下山の写真は、ほとんど撮れてません。登山者が増えて、邪魔にならない為と、
何より、下りは足元をしっかり見とかないと転びそうだったためです。
なので写真少しだけです。


手作り看板。「がんばらんぞー」と書いてます。がんばらないの?無理するなって意味?そこは、「がんばらんぞー」じゃない?
方言で「がんばらないかんよー」みたいな意味ですが、書き間違いやろか?

登りと同じ湧水ポイントで顔を洗おうと思ったらトンボ。

とんぼ逃げません。空梅雨みたいやし暑いもんね。
邪魔しないように顔洗いました。(顔洗っても逃げませんでした)


下山開始午前11時15分。13時18分無事下山終了。
登り、下り、両方きついけど登ってよかった~。
そして、下りでたくさんの登山者とすれ違い、皆さん気持ちよく挨拶してくださり、
目につく範囲ではゴミも全く落ちてなくて、登山者のマナーの良さを感じました。

そうそう、下山途中にランニングの格好をした方に追い抜かれました。
その方は見る限り、リュックもなく、ウェストポーチも無く、水さえ持たずに走って
下って行かれました。ウォーキング大会もそうだけど、どにでも強者がいらっしゃるなーと思いました。


また登ります。


行橋~別府100キロウォーク 当選 しました。練習がんばって完歩目指します。


最後まで読んでいただきありがとうございます。



宝満山(ほうまんざん)登ってきました。その2

「百段ガンギ」

坂道の練習しててよかった(坂道の練習 - 100キロウォーカーになりたい
でも、くろよん遅いから追い抜かれたりして                      


それでもやっと

登りました。(まだ頂上ではない^_^;)汗だく。

しばし休憩し出発。途中、男道、女道の分岐があって今回は女道を選択。


細い。分かりにくいですが、左側は崖。

このあと、キャンプ場で少し早目のお昼ご飯休憩。写真撮り忘れ。
湧水を沸かして、お茶も頂きました。


そして、頂上間近の鎖場登場。左側の崖を鎖を使って登ります。

先に先輩に登ってもらい登り方を教えてもらいます。
登山っぽくてテンションが上がるくろよん。

ゆっくり気を付けて。

でも、これけっこう楽しい。

も少し。

そして鎖場が終わると

頂上到達。

午前7時40分スタート。頂上到達午前10時35分。


その3へ続く


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。