100キロウォーカーになりたい

2017年1月からウォーキング始めました。

佐世保32キロチャレンジウォーク その3

その2の続きです。



いよいよスタートが近づいてきました。すると、グループでの参加の方たちでしょうか、


皆さんの「オーッ!!」と掛け声が聞こえてきました。私も少し緊張してきました。


カウントダウンが10秒前から始まり拍手とともにスタートしました。


スタート直後。大渋滞。


私は初心者なので最後尾辺りからのスタート。(この後写真がほとんどありません)


今回は105キロに挑戦の方は黄色のゼッケン。32キロはブルーのゼッケンでした。


スタート後1キロ18分48秒もかかってしまいました。その後3キロを過ぎた辺りからは


徐々に集団はばらけつつ、信号待ちで集団と一緒になるといった具合で7~8キロくらい


は続いたと思います。その後は自分のペースで歩き、13キロぐらいのところで早くも


2リットルのハイドレーションが空に。しかしすぐにコンビニがあり水を補給。ついでに


アンパンも購入し食べてから再度スタート。コースは急な坂道は無いものの長く続く感じ


で今回私は下り坂のが足に堪えました。あとキツかったのは、何キロ地点とかの案内が


一切なく、現在地はスマホアプリに頼るしかなかったことでした。結果的に私のアプリで


歩行距離は34.88キロでしたのでもうすぐゴールと思ってからの最後の数キロは、


32キロ過ぎたんだけど・・・ゴールまだ見えんちゃけど・・・


あの建物がゴールなんじゃない?ちがうやん。このカーブ曲がれば見えて来るはず。


まだ見え~ん。などと考えながら最後の数キロは歩きました。


結果6時間35分でゴールしました。








佐世保32キロチャレンジウォーク その2

 前回の続きです。



 ゼッケンを取り付けハイドレーションに水も入れ終わり時計を見るとまだ10時30分。


開会式が11時30~。スタートが12時。来るのが早すぎたかなぁと思いつつ暑いので日陰を


探すことに。すると体育館の二階が待機場所として開放してあるとのことで開会式まで


過ごすことにしました。ベンチが空いていたので腰掛け荷物のチェックをして忘れ物に気


が付く。タオルの予備忘れてる~。太っちょ汗かきの私にはかなりの問題。コンビニに買


いに行こうか考えます。でも新しいタオル汗吸い取らんしな~。まぁ、どうしてもの時は


途中のコンビニで買えばいいさと思いそのまま出場することにしました。


11時頃になり少し早いですが体育館を出て、開会式に臨みます。

開会式風景。


実行委員長、佐世保市長のご挨拶があり、開会式は10分ほど。


あとはスタートまで待機。木陰で休んでいると、ついに発見致しました。


ブログを拝見していたボバフェットさん(後に当日はジャンゴフェットだと判明_(._.)_)


ご挨拶をして記念撮影をして頂くのを今回実は楽しみにしたましたのでお会いできて


嬉しかったです。ご本人はとてもお穏やかな感じの方で色々お話させていただきました。


結局スタート後もしばらくご一緒させて頂きました。


その3に続く

佐世保32キロチャレンジウォークに参加してきました。その1

 実はウォーキング大会参加は今回を含め二度目。
朝6時起床。自宅から駅まで妹に文句を言われながら最寄りのJR久留米駅へ送ってもらい快速、特急を乗り継ぎ佐世保駅に到着。でもJR佐世保駅から受付会場までの行き方がわかりません。スマホナビもありますが、なるべく電池は温存したい。幸い駅にはウォーカーらしき人がちらほら。(実は予想通りでした)迷わず付いていきます。(女性お二人。別にねらった訳ではありません ^_^; たまたま何となく自然に付いていけたので)しばらくは、いかにも場所は知ってますよみたいな態度で付かず離れずをキープ。(変なおじさんが付いていき誠に申し訳ありませんでした。)しかしここでアクシデンが・・・コンビニに寄られました。まずい。これは予想外。コンビニまで付いてくのはさすがに・・・しかも気が付けば信号待ちで先頭にいる。どうしよう。他のウォーカーさんの姿を探すと素敵な三人のおばお姉様方を発見。(これも狙ってません。)しかも手にはコンビニ袋。これはもうどこにも立ち寄らず会場に向かわれるに違いない。また付いてくことを決めて今度は勇気を出し話しかけてみることに。するとやはり大会に参加される方々で今度はお許しを得て一緒に連れて行ってもらいました。




無事に到着。すでにたくさんの参加者の方々。
みなさんベテランウォーカーさんに見えてちょっと不安。
早速受付へ。係の方が丁寧で難なく受付を済ませゼッケンと参加賞のマグカップををいただきました。

その2に続く